40歳以上の求人に関する情報特集

*

40歳以上の求人では強みを武器にしよう!

1 40代の仕事探しをとりまく環境

 40代の仕事探しというと、年齢の壁にぶつかりますので、「厳しい」「きつい」というイメージがつきものかもしれません。しかしハローワークなどへ行くと、40代以上の人がたくさん詰めかけてきていて、皆さん必死で仕事を探しておられます。

 仕事を探している40代は決して自分一人ではなく、大勢の人がそれぞれの志望業界を胸に、あきらめないで頑張っているのだとよく理解しておきましょう。確かに年齢制限もあってそれまで大企業で役職で頑張ってきた40代の人を積極的に採用しようという雇用主は少ないかもしれませんが、逆にそういった年代だからこそ出来る仕事もあるはずです。

 ハローワーク等の求人票には企業はなかなか本音を書かないところもあって、求人票の年齢欄を信じて面接を受けたら落とされた例もありますが、インターネットの転職サイトには中高年専用の求人広告も載っていて、そこでは40代ならではの強みを生かした案件もあります。

2 40代ならではの求職者の強みとは

 40歳を過ぎても仕事探しを真剣に考える時代になり、“中高年は求人が少ない”と思いこんでいる人が多いです。“若い人ですら就職に苦労するのに、50歳を過ぎてよい働き口などあろうはずがない”、という固定観念があるのですね。
 
 しかし現実を見れば、若い人同様に、40歳以上の人にも求人はあります。ただそれがタイミング的にうまくマッチしていないのです。40代の労働者は長年の熟練した技術があったり、管理職としてチームをうまくまとめる仕事の経験が長かったり・・・など実務経験が豊富な方が多いです。

 そういったスキルや実務経験を求めている会社は多数存在します。技術系でも人事労務でも、40代以上の労働者を欲しがる求人は常にあるということです。40代が仕事探しを成功させるためには、過去において自分がずっと必死で取り組んできたことを、履歴書や面接などでうまく会社側に伝えられるかどうかが大切です。

3 40代の仕事探しに成功した人に共通していること

 40歳過ぎて仕事探しに成功した人たちは具体的にどのような点が他の人たちと違っていたのでしょうか。まず「40代の人材を求人する企業の狙いをよく把握して応募した」という点が挙げられます。

 40代の人材を欲しがるのは、緊急または特定の専門分野で、その企業の業務に穴の空いた部分を埋める求人が中心になることが多いです。また今後を考えて、特定の実務経験をもつ人を採用し、即戦力として働いてもらう狙いがあります。それから40代という年齢相応に、在籍しているもっと若い社員に対する教育的配慮を発揮することも求められ、会社の成長に貢献することが期待されています。

 あと、「応募書類」で差をつけた40代が多いです。若い人を求人するのとは違い、40代の仕事探しでは、採用に関しては、「書類選考」がかなり重要になってきます。特定のコアスキル(自分自身の最大の売りについて)と、あともうひとつ、その会社専用の書類を用意するとよいかもしれません。

4 転職サイトをフル活用することがライバルに一歩差をつける方法!

 ハローワーク等に出かけて行くよりも、自宅で、または携帯などで転職サイトを活用したほうが、仕事探しは有利になるって本当でしょうか?まず、転職サイトにはそれこそ数十万件の大量の求人情報が日々更新されています。自分が希望する条件に合致する求人を直接検索することが簡単にできますね。

 それから転職サイトに載っている求人を毎日読んでいれば、どの業界やどの会社が今は採用に熱心なのか?動向が把握できます。そして応募してみたい!と思える企業が見つかれば、転職サイトからすぐに直接応募できるので、企業からすると採用のコストを大幅に抑えることができる分、採用につながりやすいという、非常に素晴らしいメリットがあります。ハローワーク等と異なり、転職サイトに求人広告を載せるのは有料なので、企業も会社案内など、情報公開に熱心な分、求職者にとっては情報が得やすいというメリットがあります。

5 転職サイトをうまく利用して50代の仕事探しに成功した人たち

 40代以上の仕事探しですから、もうあまりわがままは言っていられないとばかり「応募条件の合わない会社にも果敢に挑戦し続けた」という方がいました。この方の場合、「やりがい」を求めて転職を決意しているので過去に転職回数が数回あったのです。ですが、そこで逆に「転職サイトを活用しながら、「やりがい」以外の希望条件をあまり考えない」というようにしたそうです。それまでの転職活動では東京以外には目を向けなかったのですが、サイトで探すと、地方都市に自分が本気で関心を持てる案件があることに気が付き、地方の会社を受けて仕事が決まったとのことでした。

 それから40歳以上になると、それなりの人脈・コネをお持ちの方も大勢いらっしゃるかもしれません。あなたが求職中だと知ると、コネを通じて会ってくれて、その場で入社を勧めるような経営者もいるようです。これは気を付けて頂きたい事なのですが、こういった口約束を信じて本当に入社したものの、入社後に話が全く違っていて、またゼロから仕事探しをすることになってしまった40代もいらっしゃいます。

 ですので、よほど信頼性のある人からの紹介である以外は気を付けておくと良いでしょう。そして転職サイトを徹底的に活用し、自分の適性や志望業界の情報収集を丁寧にやり直し、求人を探していきましょう。転職サイトには膨大な情報が載っていますから、安易なコネや口約束を鵜呑みにせず、自分でとことん志望業界の研究をする方が成功に結び付きやすいのです。

6 50代の仕事探しを充実したものにするために

 中高年向け転職サイトも増えました。本当にスキルと実務経験の豊富な40歳以上の人を採用したいと思っている企業側と、転職希望者のリンクは既に出来ていると思われます。あとは採用してもらうために、応募書類をしっかり作成することと(転職サイトには書類づくりに関して十分すぎるほどの注意点が掲載されています)、面接時に自分のやる気が会社側に伝わるかどうかが決め手になります。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・スカウト機能あり
・検討中機能などの便利なサービス
・毎週1000件以上の求人更新あり

公開日:
最終更新日:2015/04/06