40歳以上の求人に関する情報特集

*

入社の手続きについて

      2016/01/25

入社前に労働契約内容を確認する

 内定の連絡を受けたら、入社を承諾する前に、労働契約の内容を書面で確認しておく必要があります。

 労働基準法で定められた項目については、「労働契約書」や「労働条件通知書」などの書面で明示してもらう権利がありますので、きちんと確認し、納得したうえで入社するようにしましょう。明示すべき項目は、以下の通りです。

・労働契約期間
・働く場所
・仕事内容
・始業・終業時間
・休日・休暇
・賃金
・退職規定

入社日に提出する書類を用意しておく

 転職に伴い、保険加入や税金の納入などの都合上、書類の提出を求められます。企業によって、提出する書類の種類や内容に違いがありますので、必ず事前に確認しておきましょう。どの企業でも提出が求められる書類は、以下の通りです。

・年金手帳
・雇用保険被保険者証
・源泉徴収票
・扶養控除等申告書
・扶養家族がいる場合は、健康保険被扶養者異動届
・給与振込先の届書

 上記のほかに、企業に提出を求められることが多い書類についても、まとめておきます。

・従業員調書
・健康診断書
・入社誓約書
・身元保証書(第三者の署名と捺印が必要)
・免許・資格の証明書

 提出書類については、労働契約内容の確認を行った際に、可能な限り受け取り、用意しましょう。

【関連記事】
退社の手続きについて
途中入社で注意すべきこと
会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは
入社後の注意点を知らないことは、転職の失敗を意味します

 - 退職・入社

  関連記事

退社の手続きについて

退社に伴う手続きで覚えておきたいこと  退社当日の事務手続きはとても簡単で、会社 …

退職時の有給休暇を諦めない!

退職時の有給休暇の使い方は労働者の自由    どうしようか悩んでいる人にもハッキ …

入社後の注意点を知らないことは、転職の失敗を意味します

第一印象が確立されるのは入社後数ヶ月経ってから  せっかく転職したのに、数ヶ月働 …

途中入社で注意すべきこと

新参者である自覚を持つ  40歳以上の中途採用の場合は、いきなり管理職として登用 …

会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは

引き止め手法によって対応を変えないこと  会社から引き止められた時に、その対処法 …