40歳以上の求人に関する情報特集

*

入社後の注意点を知らないことは、転職の失敗を意味します

   

第一印象が確立されるのは入社後数ヶ月経ってから

 せっかく転職したのに、数ヶ月働いたところで、「転職に失敗した」と思う人は実はとても多い。そうした人たちの中には企業選択を間違えた人ももちろんいますが、入社後の注意点をわかっていなかったことが原因となっている人も少なくはないでしょう。

 第一印象が重要であることは言うまでもありませんが、これは何も入社初日に限ったことではありません。入社後数ヶ月間は第一印象を崩さないように注意しなければ、なかなか職場に馴染むことはできません。職場に馴染むことができなければ、仕事にも馴染めるわけがない。服装、表情、言葉遣いなど、第一印象は入社してからしばらくは意識したいこととなります。

挨拶や話しかける時は名前を添えて

 仕事をやりやすくするためには、人間関係の摩擦が少ない方がいい。そのためには常にコミュニケーションを取っておきたいところですが、ここにも工夫や注意点があります。

 挨拶をする時、あるいは仕事をしている中で誰かに声を掛ける時には、必ず相手の名前を添えるようにしましょう、「〜さん、お疲れ様です」、「〜くん、ちょっといいですか」など、名前を添えるだけでもかなり距離が縮まるはずです。

 そのためには名前を覚えなければいけません。努力しましょう。その努力があるからこそ、良好な人間関係が構築でき、「転職してよかった」と思えるようになるのです。

察知・把握しておきたい社内のバランス

 会社というのは、バランスを保つことによって成り立っています。いろいろなバランスがありますが、入社後にまず気にしておきたいのは、社員同士のバランスです。

 職場で主導権を握る人が必ずいるはず。年齢や役職が上の人はもちろん、リーダー気質の人もいるはずなので、そうした人を把握することが大切になってきます。トラブルメーカーもいるかもしれません。何かにつけて対立する人の存在も無視はできず、そうした人も察知しておきましょう。

 どっちつかずで淡々としている中立の人もいると思いますが、そうしたあまり目立たない人も含め、パワーバランスを掴んでおくことが入社後には求められます。それが察知・把握できれば自分の居場所も見つけやすいですし、仕事をする上である意味利用することもでき、徐々に働きやすさを見出すことができるはずです。

【関連記事】
退社の手続きについて
入社の手続きについて
途中入社で注意すべきこと
会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは

 - 退職・入社

  関連記事

途中入社で注意すべきこと

新参者である自覚を持つ  40歳以上の中途採用の場合は、いきなり管理職として登用 …

退職時の有給休暇を諦めない!

退職時の有給休暇の使い方は労働者の自由    どうしようか悩んでいる人にもハッキ …

会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは

引き止め手法によって対応を変えないこと  会社から引き止められた時に、その対処法 …

退社の手続きについて

退社に伴う手続きで覚えておきたいこと  退社当日の事務手続きはとても簡単で、会社 …

入社の手続きについて

入社前に労働契約内容を確認する  内定の連絡を受けたら、入社を承諾する前に、労働 …