40歳以上の求人に関する情報特集

*

途中入社で注意すべきこと

      2016/01/25

新参者である自覚を持つ

 40歳以上の中途採用の場合は、いきなり管理職として登用されるケースも少なくありません。ですが、すでに働いている社員から見れば、年齢も職位も関係なく、新参者であることに変わりはないのです。

 会社が変われば、ルールやシステムも一新しますので、まずは社内での仕事を円滑に進められるように、覚えなければならないことも、たくさんあるはずです。まずは、周囲の手を煩わせないように、覚えるべきことをしっかり覚えることから始めましょう。

自分流は結果を出してから

 40歳以上の中途採用者の中でも、キャリアと実績に自信があるひとは特に、自分なりのスタイルを持っているものです。ですが、会社が変われば、同じ職種でも業務の範囲に違いがあったり、以前は内勤職がカバーしてくれていたことを、自分でやらなければならないケースもあります。

 前職のスタイルを貫こうと思っても、個人の事情で会社のルールやシステムは変わらないのです。まずは仕事で結果を出して、周囲に認めてもらってから、業務改善を推進することを意識しましょう。仕事は個人の力だけでは動かないので、関わる社員と良好な人間関係を築くことも大事です。謙虚な姿勢で臨んでください。

【関連記事】
退社の手続きについて
入社の手続きについて
会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは
入社後の注意点を知らないことは、転職の失敗を意味します

 - 退職・入社

  関連記事

退社の手続きについて

退社に伴う手続きで覚えておきたいこと  退社当日の事務手続きはとても簡単で、会社 …

入社後の注意点を知らないことは、転職の失敗を意味します

第一印象が確立されるのは入社後数ヶ月経ってから  せっかく転職したのに、数ヶ月働 …

会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは

引き止め手法によって対応を変えないこと  会社から引き止められた時に、その対処法 …

入社の手続きについて

入社前に労働契約内容を確認する  内定の連絡を受けたら、入社を承諾する前に、労働 …

退職時の有給休暇を諦めない!

退職時の有給休暇の使い方は労働者の自由    どうしようか悩んでいる人にもハッキ …