40歳以上の求人に関する情報特集

*

40歳以上の転職の手順

 勝負事は、最初から最後まで油断してはなりません。転職を勝負事と捉えるのであれば、戦い方を知っておくべき。

 転職準備から応募書類、面接に至るまで、それぞれの勝負所と戦い方、これを考えながら見ていきましょう。常に考える、これもとても重要な戦略のひとつです。
 

転職の進め方

 自分の将来について真剣に考えたことはあるでしょうか。転職という勝負はこの準備の時点で決まることもあります。

 もう20代や30代の頃のように夢ばかりを追っていてもなかなか勝負には勝てないのかもしれません。自覚と責任を持ち、年代に見合った自分の将来を描くことで、適切な転職活動が始められるのです。

【参考記事】
自分の転職の目的を考える
自分の市場価値を把握する
転職活動は在職中・退職後のどちらにするか
 

求人情報を集める

 勝負に勝つには、相手のことを知っていなければなりません。転職において相手とは、求人を出している企業。

 とにかく情報を集めましょう。戦うべき相手を絞り込むためには求人サイトや人材紹介会社の活用は必要不可欠になるはず。こうしたツールを味方につけ、勝負に挑むための求人情報を片っ端から集めてください。

【参考記事】
求人情報媒体の活用法について
転職エージェントの活用法について
転職サイトのスカウト機能の活用法について

 

応募書類を作成する

 いざ勝負!相手企業の情報を正確に仕入れていれば、履歴書や職務経歴書に何を記すべきか見えてくるはずです。

 その企業だけに向けたアピール、それを丁寧な字でまとめ、相手が気持ちよく読めるようにしておけば、あなたの戦略に見事相手もはまってくれるでしょう。

【参考記事】
履歴書で見られるポイントとは
職務経歴書で見られるポイントとは
履歴書・職務経歴書で悩んだときには

 

面接対策をする

 面接が本当の勝負所です。1対1とは限りません。どのような状況で臨むのかは事前に判断するのが難しいため、対応力を付けておくことが求められます。

 ここでも相手企業の情報は必要ですし、同時に自分のことも知った上で臨む必要があるでしょう。冷静さと鋭い分析力で、40歳以上の貫禄を見せつけてください。

【参考記事】
面接でよく聞かれる質問
逆質問をどう活用するか
面接対策で行っておくべきこと

 

退職・入社準備をする

 面接にパスし転職が決定すれば、勝負は一段落。しかし、最後の大勝負とも言える退職が待っていることを忘れてはなりません。

 ここは勝負というよりも、味方に別れを告げる作業ですから、ケンカ別れのようにならないよう、気を遣いつつ退職活動に励むようにしましょう。

【参考記事】
退社の手続きについて
入社の手続きについて
途中入社で注意すべきこと
会社から引き止めにあった時の正しい対処法とは
入社後の注意点を知らないことは、転職の失敗を意味します

 

公開日:
最終更新日:2016/01/25